汚れを落としても保湿成分は落とさないのが洗顔の絶対の鉄則!

293739

メイク落としが楽ちんなのは、パウダーファンデーション

洗顔のポイントは、肌への刺激が少ない洗顔剤で優しく洗って落とすことです。そのためには、優しく洗って落としやすいメイクをすることが最も大切です。

ファンデーションは、大きく分けるとリキッド、クリーム、パウダータイプなどに分類されます。

パウダータイプは、基本的には肌に浸透しないので、クレンジング剤の必要はなく、石けん洗顔だけで落ちますから、日々メイクをする人、肌が弱い方にはパウダーファンデーションがベストです。

落ちにくい口紅やマスカラなどをつけた場合は、目元と口元だけにスクワランオイル(皮脂に近いオイル)やベビーオイルを使用するといいでしょう。


洗顔は、手で洗うのではなく、石けんの泡で洗うことがポイント

肌に刺激を与えることはできるだけ避けなければならないことです。そんな刺激を与えない洗顔のコツは「泡洗い」です。石けんを十分に泡立てて、肌に手が触れないように、手のひらで泡を優しく転がす感じで洗います。

泡の目安は、指と肌の間のクッションになるくらいがベストです。泡立て専用のネットやスポンジなどを使えば、どなたでも楽にたくさんの泡をつくることができます。

洗顔の順序は、頬や額など皮脂の丈夫な部分からはじめて、最後に皮脂の薄い目元や口元という順序で洗っていくのがいいでしょう。

目の下などは、泡を指で押す感じで汚れとなじませます。


すすぎは30度以下のぬるま湯か水がベスト

30度以上の熱めのお湯ですすぐと、必要以上に皮脂を洗い流してしまうので、肌を乾燥させる原因になります。

真冬は、ぬるま湯と思っていても実際温度を計ると38度~40度近いこともありますから、季節ごとに湯温計で計ってみて、ぬるま湯の皮脂間隔を覚えておくといいでしょう。

髪の生え際や耳の内側、あごのラインなどに泡が残らないようにキレイにすすぎ、吸湿性のいいタオルで、肌を押さえるようにして水分を吸い取ります。ゴシゴシこすってふき取るのは厳禁です。

クレンジングをした時は、石けんとのダブル洗顔が大切
クレンジングを使った際は、その後の洗顔を省いてしまうのはよくありません。「洗顔をしてしまうと、肌が乾燥して、かえってシワになりそう・・・」と、クレンジングだけで済ませる方がいますが、洗顔なしではメイクやクレンジング剤の油分が残り、そのままにしておくと、油分が酸化して、くすみや吹き出物ができやすくなります。石けん洗顔は、メイクの油分や汚れ落としも一度にできますが、クレンジングではそうはいきません。クレンジングをしたら、続いて石けんなどで洗う、ダブル洗顔が必要です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る