スキンケアは、肌を清潔な状態に戻すことから始まる

bihaku_img_71

多少メイクが残っても肌にとっては問題ない

女性の肌の汚れは、ほとんどが化粧品によるものです。洗顔の目的は、その汚れを落として肌を清潔な状態に戻すことです。

肌が清潔で健康な状態であれば、新陳代謝がよくなるので、くすみなども自然に改善されます。逆に、健康な肌でなければ、何をつけても変化が現れません。

このように洗顔はスキンケアのベースといえるものですから、できるだけていねいに洗うようにしましょう。

ていねいに洗うといっても、メイクを完全に落とそうとしてゴシゴシ洗わないように注意してください。メイクが多少残っていても、自然に取れますから何の心配もいりません。

それよりも、きれいに落とそうとするあまり、保湿成分まで洗い落としてしまうことのほうが問題なのです。


洗顔のしすぎは、毛穴トラブルを起こしやすい

保湿成分が失われると、水分保持力が低下するので、肌の表面が(角質)が硬くなり、ごわごわした感じになってきます。

また、角質には体内に侵入しようとする外的刺激を防ぐ働きがありますから、肌が乾燥すると、自分の身を守ろうとして、ますます厚くなります。

角質が厚くなると、毛穴が角質でふさがれてしまいます。これが毛穴の詰まりで、ニキビを悪化させたり、毛穴の黒ずみの原因になります。

最近は、毛穴ケアに熱心な人が多いようです。1日に3回以上も洗顔をしたり、毛穴の汚れ取り専用のパックを使っている人も増えていますが、過度の洗顔は角質を厚くしますし、はがすタイプのパックは皮脂線を刺激します。

そのため、皮脂の分泌が活発になり、かえって毛穴が詰まってしまう場合があります。

とくにパックは、汚れ具合が一目瞭然ということで、多用する傾向がありますが、毛穴は、肌がうるおっていれば目立たないものです。

毛穴が気になるときは、保湿を十分にすることです。


関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る