美容アンチエイジング

bihaku_img_51

若く見える人、老けて見える人の違いはどこなのか?

「見た目年齢」を決定するのは素肌の状態

顔の「見た目年齢」を左右するのはなんだと思いますか?20~30歳代までなら、「童顔」「老け顔」などというように。もって生まれた顔だちそのものかもしれません。

でも、年齢を重ねるにつれてモノをいうのは、素肌の状態です。

40歳を過ぎても艶やかさを保っている肌は、あなたを若々しく見せる最大の武器です。

メイクは素肌が健康であってこそ映えるものです。
荒れた素肌をカバーしようとメイクに時間をかけても、ファンデーションがシワに入り込んだり、シミを隠すために塗ったコンシーラーが妙に厚ぼったくなつたりして、逆効果になってしまいます。

一方、素肌の状態がよければ、化粧のノリがよく薄化粧でも表情が明るくなり、いきいきと輝いて見えます。


アンチエイジングで若々しい肌をキープする

だれでも加齢にともなって、肌にさまざまなトラブルを抱えるようになりますよね。それは自然の摂理ですから、完全に防ぐことはできません。
でも、正しいなスキンケアと健康的な生活習慣を維持することによって、こうした加齢サインが現れる時期を遅くすることは可能なのです。

近年、体全体の老化を遅らせて生活習慣病などを予防する「アンチエイジング(抗加齢医学)」が注目されていますが、皮膚の衰えを防ぐスキンケアもアンチエイジングの大きな要素です。

「もう年だから」と諦めたり、「めんどうだわ」と投げ出したりする前に、あなたのこれまでのスキンケアのしかたを見直していきましょう!

肌年齢は若返らせるのに遅すぎるということはありません。その方法もけっして難しいものではありません。


加齢サインをCHECK!!
・最近、化粧のノリが悪くなった気がする
・いつもスキンケアでは、肌が乾燥しがち
・疲れているわけではないが、顔色が悪いといわれる
・肌が硬くなってきたような気がする
・よく見ると、ほおの毛穴が楕円形になってきた
・ほうれい線が深くなった
・普段の何気ない表情が、不機嫌そうに見られる
・目元や口元のファンデーションがよれる
・ほおについたシーツや枕カバーのあとがなかなか消えない
・同世代の女性と比べて、自分の方が老けて見える気がする
・メイクの時間がだんだん長くなってきた
・鏡などを見た時に自分の顔のフェイスラインがあいまいになってきたことに気がついた

上記のリストでチェックの入った項目が多い人は、スキンケアの方法やライフスタイルに問題がないか、見直してみる必要があります。


化粧品の数が多いほど肌トラブルはが増える!?

スキンケアアイテムをチェックしてみよう

40歳代になると、シミ、シワ、たるみ、くすみといった肌のトラブルが増え、それにつれて使う化粧品の数も増えていくようですが、みなさんはどうですか?

スキンケアに使っている化粧品について質問すると、「○種類の化粧品を使っています」と明確に答えらる人は意外に少なく、「良いと思うものを使っているので、数までは・・・」と戸惑う方がほとんどです。

美肌のためのスキンケアは、「洗顔」と「保湿」の2つが基本です。ところが、この基本をおろそかにして、悩み別のお手入れ(スポッツケア)にばかり力を入れ、かえって肌荒れを招いている人が実に多いのです。

化粧品の数は、朝晩どちらも10点を超えるなんて方もいるのでは?明らかな使いすぎは肌にダメージを与えてしまう原因になってしまいます。

肌の悩みを解決しようとしているうちに、スキンケアの迷路に迷い込んでしまう方がとても多いようです。

シミにはこのクリーム、小ジワにはこれと、トラブルの数だけケアアイテムを増やしていっているようですが、それだけでは決して問題解決にはなりません。

あなたも、一度スキンケアに使っている化粧品を書き出してみましょう!アイテムごとの価格と、朝晩のスキンケアに費やす時間もチェックしてみるといいでしょう。

化粧品代と時間は、思ってた以上にかかっていませんでしたか?繰り返しますが、スキンケアの基本は「洗顔」と「保湿」です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る